スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
THE SESSION2014 ジャズフォー東北 スペシャルセッション
NHKFMの公開録音、「THE SESSION2014 ジャズフォー東北 スペシャルセッション」を
観覧してきました。

「ジャズフォー東北」のメンバーは
http://www.jazzfortohoku.com/
広瀬潤次(ds)
高瀬裕(b)
岡淳(ts)
西藤ヒロノブ(gt)

今回はスペシャルセッションとのことで
大山日出男(as)
椎名豊(P)

という豪華なセッションライブでした!

「東北に生のジャズを届けよう!」というスローガンで、現在も精力的に
ライブ活動を行われているメンバーの方々で、

「この収録会場からもラジオを聴いてる東北の人に、熱いジャズを届けよう!」と、
リーダーの広瀬さんがMCされました。

その主旨に基づいた気迫あふれるライブでした。

ジャズライブハウスよりもかなり広い空間、ホールで聴くと
各楽器の音色の響き方の違いがよりはっきり分かりました。

あと、これは個人的なメモとして残しておきたいなと思ったことを
挙げておきたいと思います。(とてもマニアックなことですみません。)

特にサックスの大山さんのソロを聴いて、
「聴く人の心に伝わるアドリブとは」、ということを
考えるきっかけになりました。

・ビバップフレーズを基調としたラインは
 とても「歌って」いる感じがあり、テーマのコードにも忠実に沿っているので
 展開も細かく華やか。
・アルペジオの度数「以上」にかなり跳躍しているフレーズは
 とても芸術的で立体的な構造でおもしろい。注意もひく。
・キャッチーなフレーズの挿入(別のスタンダード曲のリフが随所に)
・強弱、アクセント、音色の変化によってお客様に語りかける
 (ボーカル的な表現。聴く人はその表現力、迫力に圧倒される)

すごく大切な要素が、どどどどっと分かったので
どうしてもココに書いておきたいなと思いました。
あと、世阿弥の芸術論の書、「風姿花伝」の「離見の見」の項目も
もう一度読んでおくべきことがあると、思いました。
【 2014/01/17 18:08 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
謹賀新年
明けましておめでとうございます。

昨年は、ジャズのつながりが増えた1年でした。
多くの方に本当にお世話になりました。ありがとうございました。
いろいろな演奏の機会をいただき、ありがとうございます。

年末年始は地元に帰省してゆっくりしました。
15年ぶりに高校の友達と会えたこと、(忙しいのに開催ありがとう~)
懐かしい友達と話せたことは、気分的にかなりほっとしました。
離れていてもつながってるし、そのつながりをずっと大切にしたいと思いました。
それにしてもみんな全然変わってなかったな~。。

自分を見つめ直す時間もたっぷりとれたので、決意も新たに、新年を出発できそうです!

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。


【 2014/01/07 18:00 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
大山日出男カルテット 池袋インデペンデンス
大山日出男(as/ts)カルテット
今泉正明(Piano)
本川悠平(Bass)
安藤正則(Drums)

池袋のインデペンデンスに聴きに行ってきました。

インデペンデンスは過去に一度、来たことがあるのですが、
その時はビバップ系のバンドでは無かったので、
お店のHPにもある「ハードバップジャズをメインに」というポリシーは、今日、気付きました。。。(すみません)

素晴らしいライブでした。
リズムがかっこいい。速いテンポでもグルーブ感、バンドのノリの一体感がすごくて。なかなか生で、日本でこんなバンドは聴けないんじゃないかとふと思いました。

大山さんのサックスも素晴らしかったです。アドリブの構成やフレーズがほんと豊かで。
中でも個人的に印象に残ったのはオリジナルの「DIME TEA」、セロニアス・モンクの「エピストロフィー」、「Just one of those things」です。

この日は多分・・目立ったアウトサイドフレーズは無かったような気がするのですが、全体の雰囲気からは新しいものを感じました。「とにかくこれがジャズ!」て感じでどの瞬間を切り取っても濃くて、かっこよかったです。
【 2013/11/28 17:27 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ミシェルルグラン ブルーノート
131121_2036~01

憧れの作曲家でピアニストの、ミシェルルグランの来日公演に行ってきました~。
仕事が終わって、急いでブルーノートへ。ピアノの鍵盤がやや見える席に着席できました♪

映画音楽の作曲、編曲家のイメージが強く、トリオ編成を聴くのは初めてなんですが、ピアノがすごい。御年81歳には見えないテクニックで、極上のジャズピアノでした。
全般的に音の広がり方が特徴的で美しく、「ルグランJazz」と呼ばれているのが分かりました。

名ジャズ・ピアニストのモノマネによる「ウォッチ・ホワット・ハプンズ」はびっくりしました。あれは超絶テクニックがないとできないし、(特にオスカーピーターソン、バドパウエルは。)すべてのことが見えてるんだな~と思いました。

本人が弾く、「シェルブールの雨傘」に感動。素晴らしかったです。
帰りにBest版のオーケストラのCDも買っちゃいました。

作曲家で、その表現手段のピアノが上手い。私の理想とするところです。なんとかして・・少しでも到達したいです。
【 2013/11/21 23:00 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
作曲のこと
昨日はレッスンの課題の
「作曲」の作業をしていました。

メロディーはなるべく覚えてもらいやすいものに
するために、楽器を使わず歌って作っています。

思いついたものを頭の中で歌いながら家に帰ってそのまま譜面に書いて、テーマのみ仕上げました。

今回はコードを付けるのに、
コード進行や転調の「理論」をちゃんと説明できるように
考えながら付けました。これがパズルのようで面白いけど、意外に時間がかかる・・・。

で、最後に家族に曲を聴いてもらうのですが
いつも酷評。「前の曲に似てる」とかグサグサ言ってきます。

悔しいので、もう1曲作ってみます。
【 2013/10/08 18:01 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。