スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
THE SESSION2014 ジャズフォー東北 スペシャルセッション
NHKFMの公開録音、「THE SESSION2014 ジャズフォー東北 スペシャルセッション」を
観覧してきました。

「ジャズフォー東北」のメンバーは
http://www.jazzfortohoku.com/
広瀬潤次(ds)
高瀬裕(b)
岡淳(ts)
西藤ヒロノブ(gt)

今回はスペシャルセッションとのことで
大山日出男(as)
椎名豊(P)

という豪華なセッションライブでした!

「東北に生のジャズを届けよう!」というスローガンで、現在も精力的に
ライブ活動を行われているメンバーの方々で、

「この収録会場からもラジオを聴いてる東北の人に、熱いジャズを届けよう!」と、
リーダーの広瀬さんがMCされました。

その主旨に基づいた気迫あふれるライブでした。

ジャズライブハウスよりもかなり広い空間、ホールで聴くと
各楽器の音色の響き方の違いがよりはっきり分かりました。

あと、これは個人的なメモとして残しておきたいなと思ったことを
挙げておきたいと思います。(とてもマニアックなことですみません。)

特にサックスの大山さんのソロを聴いて、
「聴く人の心に伝わるアドリブとは」、ということを
考えるきっかけになりました。

・ビバップフレーズを基調としたラインは
 とても「歌って」いる感じがあり、テーマのコードにも忠実に沿っているので
 展開も細かく華やか。
・アルペジオの度数「以上」にかなり跳躍しているフレーズは
 とても芸術的で立体的な構造でおもしろい。注意もひく。
・キャッチーなフレーズの挿入(別のスタンダード曲のリフが随所に)
・強弱、アクセント、音色の変化によってお客様に語りかける
 (ボーカル的な表現。聴く人はその表現力、迫力に圧倒される)

すごく大切な要素が、どどどどっと分かったので
どうしてもココに書いておきたいなと思いました。
あと、世阿弥の芸術論の書、「風姿花伝」の「離見の見」の項目も
もう一度読んでおくべきことがあると、思いました。
関連記事
【 2014/01/17 18:08 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Special Big Band 2 クリニック とリズムのこと。 | ホーム | 新春アマチュアスポーツ懇親会パーティー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaleidonotes.blog69.fc2.com/tb.php/67-c0bad97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。