スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
大山日出男カルテット 池袋インデペンデンス
大山日出男(as/ts)カルテット
今泉正明(Piano)
本川悠平(Bass)
安藤正則(Drums)

池袋のインデペンデンスに聴きに行ってきました。

インデペンデンスは過去に一度、来たことがあるのですが、
その時はビバップ系のバンドでは無かったので、
お店のHPにもある「ハードバップジャズをメインに」というポリシーは、今日、気付きました。。。(すみません)

素晴らしいライブでした。
リズムがかっこいい。速いテンポでもグルーブ感、バンドのノリの一体感がすごくて。なかなか生で、日本でこんなバンドは聴けないんじゃないかとふと思いました。

大山さんのサックスも素晴らしかったです。アドリブの構成やフレーズがほんと豊かで。
中でも個人的に印象に残ったのはオリジナルの「DIME TEA」、セロニアス・モンクの「エピストロフィー」、「Just one of those things」です。

この日は多分・・目立ったアウトサイドフレーズは無かったような気がするのですが、全体の雰囲気からは新しいものを感じました。「とにかくこれがジャズ!」て感じでどの瞬間を切り取っても濃くて、かっこよかったです。
関連記事
【 2013/11/28 17:27 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<光のぷろむなぁど2013 | ホーム | ミシェルルグラン ブルーノート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaleidonotes.blog69.fc2.com/tb.php/63-99165e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。