スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
イイダジャズスクール発表会!
6/30(日)、上野アリエスにて。
イイダジャズスクール アンサンブルコースの
発表会に出演しました。
毎月1回、ピアノトリオのバンド編成で大山日出男先生にレッスンを受けています。

この日はもの凄く緊張しました。
最近はビッグバンドのトラ参加や本番はいくつかありましたが、
トリオ編成で、しかも自分がMCなどをする機会は久しぶりだったので
本番慣れしてない状態で、ガチガチで、出てしまいました。
出演順もなんとラスト(トリ)でプレッシャーでした・・。

演奏曲目は、
1. Deep Night (Sonny Clark アルバム「Cool Struttin'」より)
2. On a Bright note (オリジナル)
3. Swings of Liberty (オリジナル)
の3曲でした。

緊張し過ぎたせいで、普段できていたところもかなり外したし、
演奏内容的には・・・反省点ばかりで落ち込みました。
でも、昨日、勇気を出して本番の録音を聴いたところ、
「バンド」としてはノリなどが良く、勢いがあって予想以上にまとまりのある音でした。少しほっとしました。
メンバーのおかげです。ベースの酒井さん、ドラムの原田さん、ありがとうございました。
特にオリジナルでは大変なご苦労をお掛けしました。
当初、私の抽象的な曲の説明(なんでこういう曲を作ったか、とかタイトル等)を嫌な顔せず、理解して頂いて
かつ、特殊な曲の構成(リズムは5拍子と6拍子が混ざってたりします。)も理解して演奏して頂き本当に、感謝しています。

fb1.jpg


さらに、指導して頂いている大山先生に感謝です。
通常、Jazzを勉強している私たち生徒は、まず、スタンダードの勉強(分析やコピー)が第一で。
そこもまだまだおぼつかない状態なのに、オリジナル曲まで見て頂きました。コード理論、アレンジ、とても細部まで見ていただきました。

今後もスタンダード、ブルースの勉強を大切にして、
オリジナルも、スタンダードに負けない精度を目指してがんばりたいと、改めて思いました。ありがとうございました。

fb2.jpg

セッションにも参加させて頂きました。
なんと!大山先生、アンサンブルクラスOBのジルデコのtowadaさん、森田さん(Bass)と共演。
「you'd be so nice to come home to」を演奏しました。
プロの気迫を体で感じつつ、それに圧倒されました。ソロが豪華すぎて、自分がそこに居たという記憶はあまりありません。

打上げでは ジルデコのtowadaさんも参加されていて、曲について貴重なご意見をいただきました!
自分があまり手が回っていない「表現(演出)」や「アレンジ」のことや、オリジナルをやることに対しての必要事項、気合、など。
自分の足りてないところばかりで、ほんとすごいなと思いました。


あと、この発表会での最大のチャレンジは、全曲、譜面を見ずにアドリブすることでした。
私にとって、これをやることは本当に大変で、かなり時間がかかりました。もっと早くやっておけば良かったのですが。
発表会の2日前になってもまだ出来てない状態で、当日、やっとかたちになって演奏しました。
譜面を見ずに演奏することができて、色々メリットがありました。

この発表会は本当に勉強になりました。
お客さまも多く来ていただき、ありがとうございました!!



スポンサーサイト
【 2014/07/03 17:58 】

| ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
CPJO ×TAFジョイントライブに参加しました!
DSC_2334.jpg

先日4/12(土)、新宿SOMEDAYにて行われた「CPJO ×TAF」のライブに参加させて頂きました。

新宿SOMEDAYは老舗ジャズクラブで、何度もライブ演奏を聴きに行っているところです。
そんな場所で、そのステージのピアノで弾けることは私にとっては結構なプレッシャーでした。
当日ステージにあがる前、敷居の高さを感じて緊張しました。

今回は
ビッグバンド CPJO(Crazy Pavement Jazz Orchestra)のピアノの方のトラ(代役)で
参加させていただきました。
リハーサルも数回事前に参加させて頂きましたがなかなか自分の不出来でご迷惑を
お掛けしたと思います。
本番はなんとか、ソロは自分の納得いく水準に達したい!と思い、練習しました。
結果、その目指した水準で演奏はできたかな・・と思いますが、
本番特有の突発事項への対応や緊張しすぎるのはなんとかしないといけないなと反省しました。

CPJOのバンドリーダーはもともとBB!バンドのクリニック等でお世話になっているトロンボーンの方ですが、
とてもしっかりされていて、来年はバンド10周年とのことを伺いました。10年間もビッグバンドを存続されているのは本当に凄いなと思いました。
選曲などもバリエーション豊かに考えられていて、色々と勉強になりました。
「Latin Dance」、「Explosion」は私にとってとても難しかったですが、演奏してて楽しかったです。

TAF projectの皆さんも素晴らしかったです。演奏もMCも、とても楽しませていただきました!

CPJO、TAFの皆さまお世話になりました。ありがとうございました!
また機会があれば是非よろしくお願いいたします~

写真撮影:つちやさん(ありがとうございました!)
【 2014/04/14 17:56 】

| ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
日本橋 日八会 さくら祭り ありがとうございました!
ビッグバンド、BB! Jazz Orchestraで、
「日本橋 日八会さくら祭り」に参加させて頂きました。

日本橋駅からすぐの会場で、東京駅八重洲口から続く、「桜通り」に面した
「日本橋プラザビル」の特設ステージにて演奏させて頂きました!

桜は少し散ってて肌寒い気温でしたが、人通りが多く、とても賑やかな会場でした。

私たちの前のステージは和太鼓の演奏。
凛と張り詰めた空気感、迫力のある演奏でした。気合が入ります。

BB! Jazz Orchestraの演奏は、TPカマザワさんMCのもと、大いに盛り上がりました。
お花見宴会中の、ノリノリのお客さんにも盛り上げて頂きました。
ボーカルの浜さんにも華麗に歌っていただき、演奏しているこちらもとても楽しかったです。


P1010378.jpg


あっという間の2ステージでした。
BB!バンドに参加の皆さん、
さくら祭り事務局の方々、大変お世話になりました。ありがとうございました!
続きを読む
【 2014/04/07 17:45 】

| ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ビッグバンドクリニック、総まとめライブ
140314_1917~01
先日、吉田治氏のビッグバンドクリニック、総まとめの「ライブ」に出演しました!
曲目は、
My Man Benny
Bright Eyes
Count Is In
Willow crest
の4曲。
特にラストの曲「Willow crest」が、バンドとして爆発力があって
ピアノ弾きながら、風圧のようなものを感じました。メンバー全員の気合でしょうか。
今までで一番の演奏だったと思います。
指導いただいた吉田氏の言葉を思い出しました。
「お客さんは普通のビッグバンドの演奏を聴きに来ているのではない、
何か驚いてもらって、帰ってもらわないと。」と、初回のクリニックでの言葉・・・・
アマチュアでもプロも関係ないし、足を運んで見に来ていただいたお客様のことを
考えたら当たり前のことなんだけど、いつもこのことへの意識が希薄になります。
今後も繰り返しこのことを念頭において、演奏しないとと思いました。

あれは忘れもしない・・、、自分のユニットで初めてライブをやった頃。(もう十数年前です)
秋葉原GOODMANというライブハウスの当時のブッキングマネージャー、今関さんからの総評で。
「(いわゆるアマチュアの)ピアノの発表会じゃないんだから。」
この言葉は当時は痛烈に突き刺さった記憶があります。今関さんが怖かったというのもあるけど
私たちアマチュアに対して、成長するために、愛を持って言って頂いてるのもすごく分かったし、
今もよく思い出します。
ライブとは何かを最初に教えてくれた方で、年が経つにつれ、ますます感謝してます。
おそらくまたどこかで会えると思います。(そんな気がします)
お会いして、また演奏させて頂ける機会が実現すれば幸せです。
【 2014/03/25 18:01 】

| ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
新春アマチュアスポーツ懇親会パーティー
一昨日はビッグバンドのリハーサル&本番に参加させて頂きました!

「新春アマチュアスポーツ懇親会パーティー」での演奏で、今回は2020年の東京オリンピック開催決定後の
パーティーとなり、とても賑やかな場で演奏させていただきました。

パーティー開催のアナウンスの際、トランペット4名のみで
「東京オリンピック」当時のファンファーレを演奏されました!!
当時を知らないので、リハで初めて聴きましたが、とても印象的なファンファーレでした。
フレーズの終わり方がマイナーで日本的な情緒が感じられました。
当時、公募で選ばれた日本のオリジナルのファンファーレと聞きました。

そのあと、来賓の方々のご挨拶後のご歓談中の演奏と、お帰りの際の演奏、
約2時間の本番でした。

140115_1712~02

140115_1712~03

去年もこのパーティーには参加させて頂きましたが
譜面以外のことが、去年より多く弾けるようになってきた感じがしました。
アドリブやリフが上手く入るとほんと楽しいです。

ピアノの「リズム」については引き続きトレーニングが必要だなと改めて思いました。
年末あたりから、ずっと「アップビート(8分音符の「裏拍」のほう)」をとる練習はしてますが、
本番や譜面を見てると、ふと、とれなくなってしまいます。
今までよりは、ドラムのシンバルなど「アップビート」が聞こえるようになってきた気がするのですが、
体の中にまだ、常には流れてないような気はします。
この件については、また別途、カウントベイシーの曲の練習などで、みっちり反省したいと思います。

あと、来賓の方々のスピーチは大変勉強になりました。
数名の方のスピーチを聴くと、違いがとてもよくわかります。
多くの方が静かに耳を傾けて聴かれているスピーチは、とてもきめ細やかな気遣いがあるスピーチでした。
どんな立場の方にも(バンドの私たちにも)気遣いのある内容のスピーチでした。

あっという間の2時間でしたがとても濃い内容でした。演奏できて良かったです。
ありがとうございました。
【 2014/01/16 16:35 】

| ライブ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。