スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
8月の進捗、その1
8月後半はリハや本番など盛りだくさんな内容で、色々と経験させて頂きました。
経験して気づいたことや勉強になったこと、すべてすぐに身につかないので・・(^^;)ある程度練習が必要で。
次のステップへ、しっかりひとつずつ消化しながら進んで行きたいと思いました。

■8/15(金)は(ほぼ)毎週恒例のカレイドノーツのリハでした。
オリジナルの新曲のつめも2回目となり、だんだんイメージが固まってきた感じでひとつの形となりそうです。
次のオリジナルは「Jazz in 府中」に向けて、もっと楽しい、カレイドノーツらしい曲を目指して作りたいです。
自分のレパートリーも去年9月辺りから10曲以上・・・、だいぶ増えてきました。
オリジナルの他に。。。どこを探しても譜面が無く、一からコピーしたJames Williamsの「arioso」、ソニークラーク、ホレスシルバーも結構コピーしました。とても愛着のあるレパートリーです。

10/13(月・祝)の「Jazz in 府中」の前にひとつ出番が決定しました。
10/3(金)江戸川橋BB!スタジオにて開催される「おもてなしライブ」にカレイドノーツで、出演します。
いまだに全曲暗譜してのアドリブはハードルが高いですが、この2つの本番に向けてクリアしていければと思ってます。


■8/16(土)はCPJO(ビッグバンド)に参加させて頂きました。
この日は雨の為、演奏曲目や時間が大幅に変更となりましたが、楽しく演奏させていただきました。
全く屋根のないところで、お客様も傘をさしながら聴いて頂いて・・・感謝しています。
このバンドは結成10年目のビッグバンド。20代、30代前半の方が多いのに素晴らしいです。
リーダーの音楽、バンドに対する愛情が素晴らしく、それでバンドが長く存続しているのだなと思いました。
連絡や調整、曲の指示に至ってもきめ細かいので安心してトラを受けることができました。またご一緒できたら・・と思います。

■8/19(火)は9人編成バンド、Jazz Dilettante のリハでした。
 このバンドは「Dave Pell Octet」 の楽曲を主なレパートリーに活動しています。10/3(金)のおもてなしライブ本番に向けて新曲もたくさん準備して頂きました。がんばって仕上げたいと思います。また次のリハを詳しく書きたいと思いますが、とにかくメンバーの皆さんがおもしろいです。

以前このブログに書いた、私にとっての「ブルース」と「アドリブソロ」、「作曲」。この3大課題も徐々にですが前進、改善できているような気がします。でもまだ、コピーと練習が必要です。
ぜんぶ、別々の習得ではなく、それぞれの内容がちゃんとつながってる感じがしています。

スポンサーサイト
【 2014/08/25 17:36 】

| リハ【カレイドノーツ】 | コメント(0) | トラックバック(0) |
James Williams
James Williamsのアルバム、
「Meet the Magical Trio 2」の中の「Arioso」という曲がとても美しく
かっこいいので、いつかは絶対やってみたいなと思っていました。

ジェイムス・ウィリアムスは、70年代後半~80年代前半にジャズ・メッセンジャーズの一員として活躍していたピアニストで、私はこのトリオをきっかけに知りました。

演奏はバップを基調としたスタイルで、スイングしててパワフルでかっこいい。
自作曲も多く、この「Magical Trio」のシリーズは全部集めたいんですがすべて廃盤扱いでした。。。

この「Meet the Magical Trio 2」は運良く中古で見つけて入手しました!


Meet the Magical Trio 2Meet the Magical Trio 2
(1990/03/21)
James Williams

商品詳細を見る


「Arioso」、曲はかっこいいけどやっぱり譜面が無かったので、気合を入れてテーマから採譜しました。

すごく時間が掛かりましたが冒頭のルバート~テーマ、アドリブと自分の勉強のためにコピー(採譜)しました。

私は相対音感も絶対音感もかなり怪しく、中途半端に身についています。
よって耳コピーはトレーニングにもなりますが、かなり時間がかかるし苦労します。
耳コピーの方法は、再生速度を50%に落として、部分的に繰り返し聴きながら譜面にしていきます。

ピアノのテクニック的にも難しい曲なので、時間をかけて練習して、またこちらで報告したいと思います!



続きを読む
【 2014/02/21 15:49 】

| リハ【カレイドノーツ】 | コメント(0) | トラックバック(0) |
久しぶりのカレイドノーツリハーサル♪
昨日は久しぶりにカレイドノーツでの練習をしてきました。
ベースの紺頼君とのデュオで練習しました。

このバンドは常に、当然ですが
ライブ目線(お客さま目線)で選曲をしています。私が絶対おすすめする曲で、楽しんでもらえる曲をお届けしたいので・・・。
オリジナルも含みます。

よってJazzの曲でもかっこいい!と思うものであれば
譜面の無いものでも、がんばって採譜をして挑みます。
今日はホレスシルバーの「St.vitus dance」と、ソニークラークの「Deep Night」が採譜したもので、練習しました。
「Deep Night」は1920年代の古いボーカル曲で、作曲はチャーリーヘンダーソン。

特にピアノのvoicing について、細部を採譜するのはとても時間がかかりますが、テーマの雰囲気を再現するためには忠実にしなければなりません。「Deep Night」、今の私にとっては大変でした。。

あとはスタンダード曲や、オリジナルの新曲なども練習させてもらいました。
課題は自分のアドリブソロです。もっと練習しないと。

今年は自分のバンドもどんどん進めて行きたいと思っております。



【 2014/01/23 18:05 】

| リハ【カレイドノーツ】 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。