スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
先日の東京Jazzにて。
moblog_77d4f21a.jpg

フランス最高峰のジャズピアニスト、「バティスト・トロティニョン」を聴きに、コットンクラブに行ってきました。

最新アルバム「HIT」を聴いてから行きましたが、CDとは全然違い、ピアノの音色がもの凄く響いていました。
これはフォルテの音ではなく、ピアニッシモの音です。透明感があり太く響いてました。久しぶりにこういう音を聴きました。

クラシック歴が長く、恐らく。。、ラヴェルを彷彿させる和声やピアノタッチ。美しいバラードも展開が多く、バラード→ボサノバのあと知らない間に変拍子に変わっていたり、その境目も変拍子も全く分からないすごいオリジナル曲の連続でした。

しかも、ほぼ、ヘッドアレンジ。目線や首を振ったタイミングで切り替わってるような。。

それでいてアドリブフレーズはキャッチーな部分があって飽きないんです。

また来日の際は必ず行きたいと思いました。
スポンサーサイト
【 2014/09/09 23:21 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
【アドリブソロ】 譜面(リードシート)を見ないメリット。
私の周りでも賛否両論あって、一概にこっちがいい!とは言えませんが・・・
やっぱり譜面(リードシート)無しのアドリブはとても勉強になってる、と思ったので ここに感じたことをまとめておこうと思いました。

今まで本当に全くできなかったので ・・・(^^;、メリットなどは身を持って分かったような気がしました。

----------------------------------------------------------------
■ コード譜(リードシート)を見て、それに沿ったアドリブ
(以下、既に理解していること)
そのコードに対して適したスケール、レフトハンドvoicing、他
----------------------------------------------------------------

【メリット】
コード譜があればすぐ弾ける。譜面を見るから安心。

【デメリット】
1小節ごと(コードごと)に譜面を見てしまう。
よって細切れなフレーズになる。ソロの流れ(音楽的な流れ)を作るのが難しい。
次のコードへの対応が遅れるため、スケールから音が外れたりもする。
フレーズとフレーズがつながらない。不自然。

※流れを「大きく」捉えられないので、いわゆる「ブルース進行」なども苦手とする場合もある。



----------------------------------------------------------------
コードを完全に暗譜してのアドリブ
(以下、既に理解していること)
コードを暗譜するには、横の流れ(度数など)を理解するために基本的な理論の理解も必要。
----------------------------------------------------------------

【メリット】
ソルフェージュ能力がつく。
(譜面を見ないことによって「視覚」を使わなくなるので、その分「聴覚」に対して集中できるようになる。)

音楽的な「流れ」に沿った、アドリブソロを作ることができる。視覚で判断していないので1小節のコードごとの
細切れなソロにはならない。
聴覚のみに集中しているので、次の流れが予測できる。

音を外す(スケール外の音を誤って弾いてしまう)ことがかなり少なくなった。

自分のフレーズ(歌い方)がでてきやすくなった気がする。
慣れてくると、譜面ありの時もアドリブが楽になる。

次の音へのつなぎ方の、音楽的な幅が広がる

【デメリット】
とにかくコードを覚えてアドリブするのが大変。今、どのコードを弾いてるのか、理論的にも「流れ」を
確実に覚えてないとすぐ見失ってしまう。
最初は、次のコードの「フレーズ」がすぐに作れず、どこに着地するのか、わからなくなる。
でもそれができるようになると、とてもソロが楽になる(と思う)


【 2014/09/09 17:12 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
転調はパズルっぽく。
ここ2、3日は曲を仕上げるため、「理論」や「転調」のことばかり、寝ても覚めても考えてました。
最初は、大きな「転調」が無い曲だったんですが、これじゃぁ、アドリブしてたら退屈でつまんないな・・・と、思ってどうにかサビへ、転調する仕組みを考えてました。
これが、なかなか・・・難しかったです。「短調→短調」への転調ですが、私の知識では属調ぐらいしか、ぱっと思いつかなかったので色々調べました。
転調の「合わせワザ」という、いい手段が見つかりました。

「平行調の同主調」や、「属調の平行調」。こんな素敵な合わせワザがありました。
おまけに「近親調」に含まれるとのこと。
あと、転調の際、スムーズにⅡーⅤでつなげたり・・・・ここはパズルのようにちゃんとハマれば面白いです。
でも、くれぐれもメロディーが不自然にならないようにするには・・・、そこはなかなか時間がかかり大変でした。

さっそく今日、これからスタジオ練習に持って行って弾いてみます!
まわりの反応がイマイチじゃないことを祈りつつ・・・。イマイチだったらもう、金曜日なのでそのあと飲みに行って帰ります(笑)

名称未設定-3
【 2014/08/08 17:10 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ブルースとアドリブソロと、作曲と。
ジャズピアノについて、自分なりに、現段階でのまとめ的なことをここに書いておきたいなと思いました。

まだまだ、まだまだ、ピアノは習得の途中の段階です。
この前、新宿サムデイでのライブ(大山日出男セクステット)を見に行きましたが、特に椎名豊さんの華麗なピアノを聴いて、「私は椎名さんの100分の1くらいのことしか出来てないな」と痛感して、ショックのあまりまだ落ち込んでるところです。でも、落ち込んだままで練習しないとどんどん下手になっていくだけなので・・、それはさすがに止めました。

その何か、あまりにも自分の課題が多い時って、焦る気持ちだけが大きく、誰かに相談したい気持ちが正直すごくありました。

でも、その頼りたい気持ちはあまりよくないし、頼ってそれで何らかのアドバイスをもらうと、それだけで満足してしまうところもあって。
結局は自分で踏ん張って、目の前のやるべきことをきちんと整理してこなしていかないとな、と思い始めました。


前置きが長くなりました。
本題です。私の今の課題は、「ブルース」、「アドリブソロ」、「作曲」の、この3本柱です。

「ブルース」は、やっと、なんとなく自然に歌えるようになってきたのですが。まだまだブルースらしいフィーリングのフレーズが身についてないので、カッコ良くありません。特にバド・パウエルのソロはほんと宝石箱のようにフレーズが繰り出されるので改めて勉強になります。

「アドリブソロ」は、これはジャズフェスなど本番の近いものからなんとかするしかありません。ブルースも直結してるし、ビッグバンドの譜面も、ソロについてはコードを覚えて弾くことにします。内容も、出来る限り盛り上がるところをちゃんと作って、精度をあげたいと思います。

「作曲」は、上記のジャズのベクトルから、私の中ではちょっと外れたところにあります。
全く新しい感覚で、メロディー(テーマ)を作らなければならないからです。
自分の感情部分など表現したいことが一番じっくりできるところなので、なるべく時間をかけて丁寧にやっていきたいです。

なんとなく、課題の整理がつきました。
1か月後くらいにこのメモを見て、「なにそれ。毎日ちゃんとやってるし、大したことないよ」って思えるようにしたいです。(^^;)

41KBV121VWL__SL500_AA300_.jpg

【 2014/08/05 17:46 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ジルデコ ライブ!
先日、ジルデコイアソシエーション(ジルデコ)のライブを見てきました。
ずーっと注目してたバンドでアルバムも聴いてて、ライブ音源も聴いてて・・・
でも生で、ライブで演奏聴かないとー!と思っていました。
会場のビルボード東京も初めてで、座席予約の勝手が良く分からず・・・。
カジュアル席で3階席でしたが
正面ど真ん中で意外と!とても良く見えました!
どの曲もアレンジが凝っててカッコいいし、ドラムのtowadaさん、ギターの
kubotaさんの演奏がスピード感あって熱くて、ゲストの方のソロをより引き立ててて。
凄かったです。
なんと言ってもボーカルのchihiRoさんの声があたたかく、
その声がバンド全体の一体感を出してて、やわらかく、いい雰囲気にしてる感じがしました。
MCや歌詞が等身大で、言いたいことが声を通じてすっと伝わってきました。
ボーカルって素敵だなぁ。
結局「歌」は、一番伝える「力」があると改めて思いました。
とても居心地のいい、ずーっと聴いていたいライブでした。
また行きたいです。140324_2335~01
【 2014/03/26 18:03 】

| その他 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。